美しい乗鞍の星空と自然に感動した撮影大会

先日、天気が良かったので乗鞍へ星空撮影に行きました。ただでさえ上り坂が多い地域なのに、季節や天候によっては路面の凍結や降雪が頻繁に発生するため、夜間の遠出は控えていたのですが、ちょうど四駆車を持つ撮影仲間が誘ってくれたため願ったり叶ったりでした。

夜の乗鞍岳は約2年ぶりだったので道中は楽しみで「今日はどんな写真が撮れるかな」と非常にワクワクしたのを覚えています。1時間ほどでスキー場に到着し、いざ車を降りてみると圧巻、街中では決して見ることのできない星空がそこにはありました。

砂糖をまぶしたように空一面に広がる星を背景にたたずむ乗鞍の山々は、昼間とは一味違った荘厳な雰囲気を漂わせていました。言葉にならないとはまさにこのことです。

しばらく夜空を撮影していると友人から「近くに善五郎の滝があるから見に行こう!」と言われました。乗鞍火山の活動によってできた善五郎の滝は、厳寒期には氷瀑になることで有名な滝です。道中の階段、滑りながらも何とかたどり着いてみると、一部はまだ水が流れていましたが見事な氷瀑を見ることができました。

人の手が入っていない美しく雄大な景色を目にして、夢中になってカメラのシャッターをきることができ、かなり内容の濃い撮影ができたと思います。連れてきてくれた友人への感謝と、冷えた顔にかかる水しぶきの冷たさをかみしめ、この日のプチ撮影大会は終了しました。また必ずこの美しい星空を眺めに訪れたいと思います。