洗濯槽の掃除!やり方さえ分かれば誰でも簡単

今日は朝から洗濯槽を洗いました。ずっとやりたいと思っていたのですが、時間がかかるのとめんどくさいのとでずっと「また今度」でのびのびになっていました。しかし今日こそはとやる事にしました。本当にやろうと思っていたので必要な物はバッチリ揃っていました。

インターネットで調べると「洗濯槽クリーナー」を使うよりも「酸素系漂白剤」が良いと見たので、シャボン玉石けんの酸素系漂白剤を買っておいたのです。他にも浮いてきた汚れをすくう為のネットは、ずっとお風呂で使っていて汚くなっていた物を捨てずに置いていました。なので準備万端でやり方を調べながら早速はじめました。

まずは洗濯機に45~50℃のお湯をいっぱいにためるとの事だったので、シャワーで直接入れました。うちのシャワーは水圧が弱いのでめちゃくちゃ時間がかかってしまいました。もうほぼたまる頃になってから「風呂の残り湯を45℃に沸かして風呂水ポンプで吸い上げれば良かった」と気づきました。たまったら酸素系漂白剤を入れました。

10リットルあたり100グラムと見たのですが、大体で入れました。よく溶かしてから5分ほど洗濯機を回すとすでに汚れがプカプカ浮いていました。今まで洗濯槽クリーナーでこんなに汚れが取れたのを見た事が無かったので、気持ち悪いよりもむしろ気持ち良いと感じました。

そこから数時間放置、ゴミを取る、また回す、放置・・・などを何度か繰り返して、あとは綺麗な水で洗濯槽のすすぎをして終わりました。面倒くさいと思ってやっていなかったのですが、ゴシゴシしたりする事もないし、何よりも気持ちいいほど汚れが落ちるのでやって良かったです。汚れがちゃんと落ちたのか見えないのが残念なのですが、気分的にもとてもスッキリしました。

おすすめ洗濯機安い

保存